コケッココケッコ

コケコッコー

arch linux + LVM + UEFI + GPT なインストール手順

概要

仕事で用いている開発環境はLinuxオンリーであるが、自宅のデスクトップPCはwindowsを利用している。 TVチューナがwindowsのみしか対応していないなどでLinuxのインストールを躊躇していたが、やはり開発には不便なのでLinuxを入れることにした。

手順

GDISK

  • arch linuxインストーラをUSBから起動する
  • gdisk /dev/sda
  • Command (? for help):o
  • Command (? for help):n
  • Permission number: 1
  • First sector : 何も押さずエンター
  • Last sector : +512M
  • Hex code or GUID : EF00
  • Command (? for help):n
  • Permission number: 2
  • First sector : 何も押さずエンター
  • Last sector : ~100%
  • Hex code or GUID : 8200

これで、以下のパーティションが作成された。 * ESP (512MB) * 残り (LVMで使う)

LVM

  • ESPのフォーマット
  • mkfs.vfat -F32 /dev/sda1
  • LVM
  • pvcreate /dev/sda2
  • vgcreate main /dev/sda2
  • lvcreate -L 100G -n root main
  • lvcreate -L 70G -n usr main
  • lvcreate -L 30G -n tmp main
  • lvcreate -L 100G -n var main
  • lvcreate -L 100% -n home main

  • 色々フォーマットする。ファイルシステムはお好みで。私はXFSにしました。 

  • mkfs.xfs /dev/main/root
  • mkfs.xfs /dev/main/usr
  • mkfs.xfs /dev/main/var
  • mkfs.xfs /dev/main/home
  • mkfs.xfs /dev/main/tmp
  • mkswap /dev/main/swap
  • swapon /dev/main/swap

パーティションをマウントする

  • mount /dev/main/root /mnt
  • mount /dev/main/usr /mnt/usr
  • mount /dev/main/var /mnt/var
  • mount /dev/main/home /mnt/home
  • mount /dev/main/tmp /mnt/tmp
  • mkdir -p /mnt/boot/efi
  • mount /dev/sda1 /mnt/boot/efi

install

  • pacstrap -i /mnt base base-devel

fstab

  • genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot

各種設定

  • passwd (ルートのパスワードを変更)
  • ユーザを追加するなりしてください

grub

reboot

BIOSを起動する

  • 私のマザボASUSではDELキーを連打
  • Advanced Mode
  • UEFI shellを起動するボタンをクリック 
  • GRUBが起動するので、起動したいカーネルを選ぶ
  • efibootmgr -c -g -d /dev/sda -p 1 -w -L “Arch Linux(GRUB)” -l /EFI/arch/grubx64.efi
  • reboot

archを起動する

  • 再起動するまで待てば、GRUBが起動しArchが起動するはず。わーい 

次の記事では、ディスプレイマネージャやウィンドウマネージャを入れていきます。

参考

https://wiki.archlinux.org/index.php/installation_guide

http://note.kurodigi.com/archlinux-uefi-install/